苦情受付について
やちぐさトップメニューへ戻る 


 利用者及びご家族の苦情に対し、その解決を公正かつ組織的に対応できるように、随時受付担当者が受付し、第3者委員も配し体制を整備しています。

苦情解決の体制整備について

  やちぐさ作業所では従来より、利用者および家族の皆様の苦情に適宜お応えしてまいりました。このたび社会福祉法第82条の規定により、苦情解決を公正かつ組織的に対応できるよう、下記の通り新たに体制を整えることにいたしました。
 新たな苦情解決の体制整備により、今まで以上に利用しやすい施設サービスに努めますので、ご活用いただけますようお願いいたします。
 
苦情は面接・電話・書面などにより、
随時受付担当者が受付けます。

* なお、第三者委員に直接申し出る
  こともできます。

  
苦情解決責任者 施設長 浅田平七
苦情受付担当者 指導員 山岸 潤
第三者委員 監 事 山本善一(244-7355)
寺島笑子(263-5668)

::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 苦情を受け付けた場合、ただちに苦情解決責任者・第三者委員に報告します。
ただし、苦情申出人が報告を拒否した場合は第三者委員へは報告しません。


::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 苦情解決責任者は苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会を求めることができます。
 当施設で解決できない場合は石川県社会福祉協議会(TEL: 076-224-1212)に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。



::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 苦情受付担当者は解決・改善までの経過と結果について書面に記録します。
 苦情解決責任者は一定期間経過後、第三者委員に報告し助言をうけます。
 解決結果に関しては、プライベートな情報に関するものを除き「事業報告書」などに掲載し公表します。



やちぐさトップメニューへ戻る